少女漫画よ、永遠に。

少女漫画の魅力を、微力ながらも伝えていけたらなと思います。

下町娘、臨時花嫁になる!?【狼陛下の花嫁】

今回紹介します作品は、白泉社LaLaで活躍中の可歌まと先生による『狼陛下の花嫁』です!

f:id:w-anemone:20181104181342j:plain

(全19巻で最近完結しました。約9年間お疲れ様です!)

【在庫あり/即出荷可】【新品】狼陛下の花嫁 (1-19巻 全巻) 全巻セット

 

個人的感想

正直読む前は、「絵柄は好みじゃないけど、ちょっとだけ読んでみよー」
って感じであまり期待していなかったのですが(すみません)、すぐに
「何これやばっ。早く全巻買わなきゃ!」となりました(笑)
面白いながらも甘さも十分にあり、キャラクターも魅力的な子たちが多く、大変満足できる作品です!!

 

目次

 

あらすじ

誠実堅実をモットーとして生きてきた夕鈴は、ひょんなことから「冷酷非情の狼陛下」と恐れられる白陽国の王様、珀 黎翔の臨時花嫁になることに。
しかし、「狼陛下」は実は演技で、小犬のような姿が彼の本来の姿なのだと知ってしまう。(でも本当は、演技でもなんでもなく二面性があるだけなんですけど、夕鈴は知りません)
演技とわかっていながらも「狼陛下」に怯えたり、ドキドキしたりと大変な日々。
そして気づけば夕鈴の中に陛下への想いが芽生えていき……

 

何も持たないただのバイトから紆余曲折を経て、狼陛下のたった一人の花嫁となる少女の物語。

成分

#中華風 #身分差 #甘々

全体の見どころ

ストーリー

注意(以下、ネタバレを含むところがあります。)

10、11話
家柄・教養・容姿、全てが正妃に相応しい少女の登場に夕鈴の心は…?

12~14話[下町編
休暇を貰って久しぶりに我が家へ帰省する夕鈴。
そこには大好きな弟と、何故か幼馴染も…
一人で帰るはずが陛下もついてきちゃって!?

16~18話[離宮~温泉編
初めての旅行!
お疲れの陛下に温泉に入って疲れをとって欲しい夕鈴
だが、なかなかうまくいかない。
そしてあろうことかいじめ勃発!?

20~24話[春の宴編・上
夕鈴家出する(笑)

25話
夕鈴「プロ妃」になる!

26~30話[春の宴編・下
春の宴の準備の責任者である方淵と水月が対立。
そんな二人に手を焼く夕鈴に陛下が……

32~36話[下町編2
父親が幼馴染の祖母に怪我させたとしてしばらくの間、
小間使いをやる羽目に。
世間で自分が「後宮の悪女」と呼ばれていることを知る夕鈴。
何やら怪しい男もいて…

38、39話[星祭り編
夏、公務で「星離宮」を訪れる夕鈴たち。着いたそうそう勉強に追われる夕鈴。早く終わらせて遊びたいのに、陛下が邪魔してくる?
何やら不穏な噂もあって…

41~44話[瑠霞姫、来訪編
陛下の叔母であり、隣国の王族と結婚した
瑠霞姫が里帰り。
どうやら何か企んでいるよう。
女の目的とは?

48~54話[地方視察編
「知人に会いに行く」というお忍び視察に同行する夕鈴。
久しぶりのあの人も登場!
陛下の会いたい人とは?

55~60話[離婚編
急なバイト終了の知らせ。
そしてようやく明かされる真実とは。

61~63話[蓉州潜入編
陛下の為に力になりたいと王弟の住む屋敷へ潜入。
夕鈴が見た王弟とその母君とは…

64~70話[韋良編
王弟の母の陰謀を止めるために、彼女の共犯、闇商人・韋良をとらえるべく王都に戻ってきた夕鈴。
たくさんの協力者を得て動き出す。

71話
第一部終了! そして物語は、第二部[新婚編]へ!!

 

72~82話[炎波国編
突如としてやってきた炎波国の王女。
彼女が狙っているのは狼陛下の正妃の座!?

92~100話[過去編
ついに明かされる陛下の過去。
北の辺境軍に居たころに起こった事件とは?

101~105話[最終章
夕鈴、記憶喪失に!? そして新たな宝物

個人的おすすめ15

7話
夕鈴、掃除婦になる ~後宮管理人・張老師(初)~

8話
夕鈴VS方淵

27話
方淵と水月、和解?

28話
狼陛下の女ったらし!? 

31話
調査開始!

43話
キラキラピクニック 陛下が夕鈴に〇〇!? 

47話
妃らしい仕事とは! 李順さん、久しぶりの方淵と水月に、後宮の悪女現る!?

66話
愛しいあの人との再会は妓館で!?

68話
思いが繋がる時

76話
夕鈴VS朱音姫!? 陛下「もう手放せない」

79話
夫婦、仲直りする。

85話
李順メイン回。陛下の名前って?

93話
キレる夕鈴

100話
陛下、過去の確執解消される

103話
夕鈴、幼少期の回想

 

おすすめとか言ってますが、全て通しで見てもらうのが一番おすすめですよ^ ^

可歌先生は、コマ割りが独特で面白いと思います。
あと、何よりデフォルメが可愛いです! コロコロしてる!!
結構しっかりデフォルメしているというか、表情とか動きとかとてもお上手ですし、
キャラ、特に夕鈴とかの魅力をより引き出しているといっても過言ではないくらい圧倒的存在感です!!

 

是非そこの部分もよく見て欲しいです。

キャラクター

 それぞれのキャラクターの個性が強いんですけど、いい具合に作品内で収まっていて、魅力的なキャラが多いです。
そのせいで私は未だに「この子が一番!」という子がいなくて困ってます(笑)
みんな大好き!!

そんな魅力的なキャラクタ―の一部を紹介したいと思います。

 

 

f:id:w-anemone:20181104212710p:plain 汀 夕鈴(てい ゆうりん)

「…そうよね。曲がりなりにも一度引き受けた仕事だもの
 やり通すのが筋ってものよね。
 陛下! できることあったらばんばん言って下さいっ。
 私っ、お給料分は頑張りますから!」
                             『狼陛下の花嫁』1巻

今作の主人公。下町育ちで元気いっぱいな女の子。誠実堅実をモットーとしており、趣味は節約、特技は家事と、まだ若いのにしっかりしすぎている。
世話焼きで、弟の青慎が大好きと超ブラコン。定期的に家に送る手紙には、見事なまでに青慎(弟)の事しか書いていない。
理不尽な事には怒り、悲しい事や、狼陛下の恐ろしさに泣いてしまうことも多々。
方淵とはよく口喧嘩している。

 

🗨純粋で実際にこんな少女がいたらぜひ仲良くなりたい子ですね。結構照れ屋で怖がり
  だけど、まっすぐで感情豊か。見ていて飽きない子です^ ^

 


f:id:w-anemone:20181104222606p:plain

  珀 黎翔(はく れいしょう)

 狼陛下「――その話は飽きたと何度言わせる。首と胴が
     離れねば理解できぬか?」
   
小犬陛下「あー、つっかれた!夕鈴もごくろーさまっ」
                 
『狼陛下の花嫁』1巻引用

 通称「冷酷非情な狼陛下」と世間で恐れられている。北の辺境育ちで、過去にはいろいろと……。
夕鈴の事をよく「兎」と例えている。

狼陛下と呼ばれる冷酷で容赦のない狼の一面と、しっぽが見えてしまいそうな小犬の一面の二面性を持つ。
剣の腕もたつ為よく、自ら刺客とやり合うことも多い。
第二部頃になってようやく名前がたくさん出てくるようになる。(それまで「陛下」)

 

🗨この作品は戦闘系ではないが陛下の戦闘シーンはカッコいいです。狼の時も小犬の時
  もどっちも好きだけど、どっちかというと狼が好きです。かっこいいんですよ。

  狼陛下と小犬陛下、皆さんはどちらがお好みですかね?

 


f:id:w-anemone:20181104224326p:plain

  李順(りじゅん)

 「まずいとは言いませんがね、ちょっと塩分が足りない
  んじゃありませんか?
      
困るんですよねえ、ちゃんと栄養配分考えてもらわない 
  と……
大体うちの陛下は…」

                           『狼陛下の花嫁』一巻引用 

姑、そしてメガネ(笑)。姑具合がすごい。(性別は男)
そして金にうるさく、だいたいの人への扱いが雑。
昔の事を持ち出してはグチグチ言ってくる。
陛下には彼が幼少の頃より従者として繋がりあり。
なんと化粧もできる。

 

🗨上記のセリフでもお分かりいただけるかと思いますが、姑感出てますねー。
  夕鈴の扱いというか対応が酷いんですけど、それがまた面白い。
  李順さんは、ほんといい味出してます!
  9巻47話の1シーンは、李順さんの陛下への想いが伝わってきてグッときますよ。
  16巻85話はほぼ李順さん目線で、ファンにはたまらん回ですね!!陛下との過去
  シーンもあって最高です。

 

f:id:w-anemone:20181105100511p:plain  柳 方淵(りゅう ほうえん)

  「家など何の関係があるのか、
  主君が誤った道を進もうとしていたら、己が身を挺して
  お諫めするのが臣下の責務だろう。
  
君たちは私を誉める前に、為すべきを為さなかった己を
             恥じるべきではないのか。
             
…君たちとは話すこと話すことはなさそうだな」
                           
『狼陛下の花嫁』2巻引用

白陽国の中でも一・二を争う権力を持つ、柳家の次男。
狼陛下を大変尊敬している。
陛下からの評価も良く働きもの。
自分にも他人にも厳しく常にツンケンしている。
夕鈴や水月とよく言い争いをするのは日常茶飯事。
誰に対しても自分を曲げない。
初登場5話

 

🗨彼の潔さや真面目っぷりに、「割と好き」という人も多いはず!
  私は初めあまり好きではなかったのですが、すぐに「あ…結構好きだわ、方淵」と
  なりました(笑)
  その後は彼が登場するたびに喜んでいましたね。
  作者の可歌先生は彼のことをポニーと呼んでいるそう……ポニー(かわいいな)
  彼が敬愛する狼陛下に小犬時があると知ったらどんな顔をするのやら、
  めちゃくちゃ気になります!

 

 

f:id:w-anemone:20181105103305p:plain  氾 紅珠(はん こうじゅ)

  「男の方って甘えられるのもお好きなもの…ですわ」
                 『狼陛下の花嫁』3巻引用

 柳家と並ぶ名門貴族、氾家の一人娘。
見た目も中身も可愛らしい、巷では狼陛下の正妃第一候補と言われてる。
琴の腕も上手。一番上の兄、水月から教わったらしい。
最近は狼陛下とお妃様の出会い、運命の物語を書いている。その発想力はかなり豊。
初登場10話

 

🗨ほっとけない妹って感じの子ですよね。
  「お妃様大好き!」(夕鈴の事)って感じがまた可愛いです。
  紅珠はある意味我々の世界でいうヲタクですね、陛下と夕鈴ヲタク(笑)
  彼女の作品はやがて国境を超えます!紅珠大先生ですね。

 

f:id:w-anemone:20181105125713p:plain 氾 水月(はん すいげつ)

 「恐ろしくて冷たい王。あのような方を私は他に
  知りません。ですから王宮には近寄りたくありません。
  …出仕はできないのです。
  
ーーそれに、正直働きたくなくて。
             …朝、起きたくないんです」
                           『狼陛下の花嫁』5巻引用
紅珠の兄で氾家の長男。
王宮に勤める官吏だが、上記の理由で出仕していない。その後……
あらゆる楽器を弾きこなす。
陛下の事を音楽で表す癖があり。
おっとりほんわかしている。
初登場21話

 

🗨「働きたくなくて」と言って家に引きこもっている様子はまさしくニート!な

  水月さんですが、方淵との絡みは面白くて好きですね。正反対な二人だけど、意外 
  と相性良いのでは?なんて思っちゃいます。
  陛下に怯えているのとかちょっと可愛く思えてきてしまう(笑)
  小犬時を見たらどうなってしまうのか…とても気になります。

衣装

夕鈴の服、基本的に同じ形な事が多いですが、実は少しずつ違うんです。
よーく観察してみてください!
「どんだけ服持ってんの! さすがお妃様…」って思いますから(笑)
気づくか気づかないかといったさりげなく違うところがまた良いんですよね。
そんな感じで、いつも似た服を着ている分、全く違った衣装のキャラ達を見ると、
「うおおおお!! めっちゃいい!!」みたいな感じになります。

ちなみに、夕鈴が今まで何着着たのか調べようと思ったんですけど、
1巻で挫折しました^ ^

おまけ~巻末収録作品『星の夜にはあふれる嘘を』紹介~

f:id:w-anemone:20181105161911p:plain

2巻収録

あらすじ

三か月前、舞踏会で婚約者に婚約を破棄されたティルナ。好きだった相手というわけではなかったが、どことなくふさぎ込んでいた。
そんなある日、父の賭博のせいで破産寸前だと知らされる。そこにやり手の貿易商であるルグオーツが援助してくれることになった。
“パーティーでルグオーツの伯母にあたる人の前で婚約者もしくは恋人の振りをしてほしい”という条件付きで。
冗談や嘘ばかりでうさんくさいと思っていたティルナだが、次第にルグオーツに惹かれるようになり……

 

成分

#西洋 #読切

感想

主人公のティルナは、『狼陛下の花嫁』の夕鈴とは違って大人しい子ですね。
純粋な恋というか、なんというか。うまく言えないけど良いんですよ!(笑)
最後の終わり方が「続きが気になる~!!」って感じで、ほんと続きを描いてください、可歌先生!
『星の夜にはあふれる嘘を』は、「好きな読切作品は何ですか?」と問われれば間違いなく名前が挙がる作品です。(私の中で)

可歌先生の読切作品でまだ単行本に収録されていないものが数点あります。どれも素敵な作品でしたので、興味のある方は国立国会図書館に行くのをオススメします。
コピーもできるのでずっと手元に置いておくこともできますよ^ ^

 まとめ

本編もさることながら、巻末収録の特別編や4コマとか結構描いてくださっていて、より『狼陛下の花嫁』を好きになってくださるのではないかと思います。笑えるのから萌えるのまで様々です。
雑誌でこの作品を読んだことある方にもおすすめです。

一人でも多くの方に、この作品の良さが伝わればと思います。

狼陛下の花嫁 1~19巻セット

価格:8,549円
(2018/11/6 00:46時点)

 

そして、今回紹介した『狼陛下の花嫁』の前作である、『ひみつの姫君、うわさの王子』(全2巻)の記事はこちらをどうぞ!

www.shojocomic.com