少女漫画よ、永遠に。

少女漫画の魅力を、微力ながらも伝えていけたらなと思います。

〈祝映画化〉元天才子役は大事なコとの約束を叶える為に【あのコの、トリコ。】

今回紹介します作品は、小学館Sho-Comiで活躍中の白石ユキ先生による
あのコの、トリコ。』です!

f:id:w-anemone:20181105213454p:plain

(全6巻で最近完結しました!)

【在庫あり/即出荷可】【新品】あのコの、トリコ。 (1-6巻 全巻) 全巻セット

価格:2,778円
(2018/11/6 00:55時点)

 個人的感想

冴えない主人公が実はすごい人だったという、私好みの作品でした。
絵が綺麗でとっても繊細です!
そして男が主人公の珍しいパターン、けど素敵!
主人公とかとは関係ないモブの声がよりキャラクターの魅力を向上させているというか、そういったところが演劇系とかは難しいと思うのですが、さすが白石先生といった感じでした。見てて気持ちいいです。
安定安心のクオリティーの作品ですね。

目次

あらすじ

あのコのためなら、何だってできるんだ。

地味で平凡、女子に見向きもされない鈴木頼、16歳。
でも…恋したキミを笑顔にしたい。
大好きな幼馴染・雫のためにキラキラのスポットライトを浴びる舞台へ。
アイドル×俳優×メガネ男子…
フツーじゃない幼馴染のキラキラ三角形ラブ♡
                        
『あのコの、トリコ。』1巻引用

成分

#男主人公 #幼馴染 #三角関係 #芸能 #学生 #完結 #映像化

全体の見どころ(ネタバレ少し含む)

主人公・頼の一途に好きなコを想って、しかも隣を歩ける人間になりたいと努力している姿は応援したくなっちゃいますね。
ライバル登場が、頼と雫それぞれにありますが、そこを乗り越える時の甘さも必見です。
頼と雫の想いが通じ合ってからさらに頼が積極的になります!二人のイチャらぶシーンも増えますよ~。

キャラクター

f:id:w-anemone:20181105221551p:plain木 頼(すずき より)

「――雫の笑顔は今も変わらない。
 俺の存在理由なんだ――…」
              
『あのコの、トリコ。』1巻引用

 

雫と昴とは幼馴染。
基本的に物腰が柔らかい少年。ただ、役に入り込むと全くの別人になる。
台本は一度読んだらすぐに覚えてしまうという天才。
子役をしていた頃は、その才能を恐れた周囲の大人達から「綺麗な怪物」と影で
呼ばれていた。

 🗨ちょっと頼りない感じの頼も可愛くて好きだけど、役者のスイッチが入った頼がかっこよすぎる!
大好きな雫を誰にもとられたくないという、頼の嫉妬してる所は可愛いですね。見ていて微笑ましいです。
17話の頼がひったくりを取り押さえるシーンはおすすめです!

 

f:id:w-anemone:20181105223432p:plain立花 雫(たちばな しずく)

「こうやって少しずつ大きな仕事もらって、
 絶対に役者になるんだから!」
              
『あのコの、トリコ。』1巻引用

 

頼と昴とは幼馴染。
実に逞しく、すぐに手が出ちゃう男勝りな少女。しかし、一人でこっそり泣いちゃう
か弱い女のコな一面も。
グラビアアイドルをしながら、幼い頃からの夢である、役者への道を目指す。
恋愛事に関しては超鈍感。

🗨華やかでかわいい女の子という印象ですね。元気のある女のコも可愛い!見ていて
  元気を貰えます。

 

f:id:w-anemone:20181105224541p:plain東條 昴(とうじょう すばる)

「芝居はいいぞ~。いろんな人間になれるし、かわいー女優と 
 お近づきになれるし、なにより目立つ!!
 で! いつかW主演で世界を震撼させてやろーぜ!」
              『あのコの、トリコ。』1巻引用

頼と雫とは幼馴染。
今をときめく若手人気俳優。人を惹きつける魅力がある。
少しチャラいところもあるが実は一途。頼とは雫をめぐってライバル関係にある。

 🗨昴はほんとにいい奴ですよ。自分が報われなくても、好きなコの幸せを一番に願える
  いい奴なんです!
  恋に一途で、役者としての誇りも持っている少年。どうか報われて欲しいですね。

絵が綺麗です。目を瞑った状態の笑った顔がとにかく可愛いです。ちょっと目開いてるのも可愛いけど、うん。

おまけ~巻末収録作品『オマエを食べてやる!!』紹介~

*こちらの作品は5巻に収録されています。

あらすじ

此見 千花(このみ ちか)は出会った頃より、錦 郁巳(にしき いくみ)に逆らえずにいた。
というのも彼は千花の父親の会社の社長ご子息で超のつくおぼっちゃま。
「お前、今日から俺のな」と言われてからというもの、彼の世話をする召使生活を送っていた。
そんなある日、千花は先輩から告白される。人生初めての告白に喜んでいると、郁巳が割り込んできて……
お坊ちゃまと召使(笑)の日常の物語。

感想

感想とは違いますが、情報提供を致します。
『オマエを食べてやる!!』は、白石先生の過去作である『ニシキくんのなすがまま』の読切です。
どちらから読んでも大丈夫ですが、時系列的には今作が先ですね。
時系列順に読むか、単行本の方を先に読んで今作を過去編として読むか、お好きな方で楽しんでください^ ^
『ニシキくんのなすがまま』もとっても素敵な作品です!興味のある方は是非ご覧になってください。

ニシキくんのなすがまま (フラワーコミックス 少コミ) [ 白石ユキ ]

価格:432円
(2018/11/6 01:05時点)
感想(0件)

【在庫あり/即出荷可】【新品】あのコの、トリコ。 (1-6巻 全巻) 全巻セット

価格:2,778円
(2018/11/6 01:04時点)

 

まとめ

初め4巻で完結の予定が人気ありすぎて続編決定してしまうという恐ろしい作品です。
グダグダになることもないので、最後までお楽しみいただけるのではと思います。
現在実写映画化もしていますが、残念なことに私は見れていません。なので詳しい事は何も言えませんが、時間があったら見に行こうと思います。
“おまけ”でも紹介していますが、『ニシキくんのなすがまま』の特集も今度します!

お楽しみに^ ^