少女漫画よ、永遠に。

少女漫画の魅力を、微力ながらも伝えていけたらなと思います。

気になるあの人は18歳年上、バツイチ子持ち【三日月と流れ星】1巻紹介

f:id:w-anemone:20181111194456p:plain

目次

作品紹介

作品名:三日月と流れ星1

著者:椎名あゆみ

出版社:集英社・マーガレットコミックス

現在連載中の作品で、5巻まで発売されています!

【在庫あり/即出荷可】【新品】三日月と流れ星 (1-5巻 最新刊) 全巻セット

価格:2,319円
(2018/11/11 23:14時点)

キャラクター

f:id:w-anemone:20181111195307p:plain

 

長谷川 充希
(はせがわ みつき)

 

「店長さんの…浅井さんのこと、
 もっと知りたいって…思っちゃだめですか?」

・高校生、16歳(プロローグ時)

・コーヒーはブラック

・池内京太郎の小説が好き(実在はしませんでした)

・年上好き

 

f:id:w-anemone:20181111200016p:plain

 

浅井 隆聖
(あさい りゅうせい)

 

「天国の奥さんに持ってく自慢話が一個増えたよ。
 俺 女子高生にモテたんだぜーって」

・カフェ店長

・34歳(プロローグ時)

・バツイチ子持ち

 

f:id:w-anemone:20181111223823p:plain

 

 浅井 玲於
(あさい れお)

 

 「ぼーっとしてんじゃねえよ。
全くこんな動機の不純な女いれやがって」

・浅井隆聖の息子

・中学生(プロローグ時)

・口と態度が悪い

1巻あらすじ

プロローグ

高校1年生4月、充希は偶然入ったカフェの店員さんに一目惚れ。
しかし実は彼、この店の店長さんで18歳年上の既婚者だった。
一瞬で散った恋だったが、お店に通うようになってから同じ小説家のファンという事で意気投合。
すると今度はバツイチ子持ちという新事実発覚!
ハードルが高いと分かりつつもお店でアルバイトすることになって…

 

1話

プロローグから3年後のお話。

すっかりオヤジ好きになった充希はもっさり大学生となった。
サークルの先輩に誘われて高校の文化祭に行くと、聞こえるはずの無い浅井さんの声が。人違いかと思いきやそれは浅井さんの息子の玲於だった!
世間話をしていると玲於の彼女と思わしき人に絡まれて…

 

2話

浅井さんの彼女がきれいな人だった。
もっさり大学生をやってる場合ではないと女子力アップを目指す充希。
玲於も退院後の送り迎え・荷物持ちをすると言ってきたり態度は最悪ながらも優しい一面がちらほらと。
一方浅井さんの彼女の行動が怪しげで…?

 

3話

以前のようにカフェで浅井さんと玲於と話せるようになった充希。
クリスマスイブの、カフェでの貸し切りパーティーに招待される。
彼女も来るというので行くのをためらったが浅井さんからクリスマスケーキが届いて…

1巻感想

*多少のネタバレを含みます

プロローグ

 古書カフェ、いいですよね~。私も行ってみたい!「本の価値がわかる人しか入れない傲慢なカフェ」、なにそれ素敵!って感じですよ、ほんと
いっそ自分がそういうカフェを作ってみるっていうのも面白そうですよね。

浅井さんが充希を振るときの言い方が大人の男って感じでカッコいいです。これは振られても諦められないでしょうね(笑)

 

1話

もっさり大学生の充希が可愛い! やっぱり髪の毛長いのが良いかな。
滝川教授は確かにカッコイイですね、あんな素敵なおじ様いないかしら!?

玲於もカッコよくなっちゃって、さすが浅井DNA!
DNAの話をするとリーガルハイの塚地が出てくる回を思い出してしまいます(笑)

 

2話

病室での充希と浅井さんのやり取りは「もうそれ、付き合ってるでしょ!」って感じの甘い雰囲気で見てるこっちは微笑ましかったです。

浅井さんの彼女がちょっと面倒くさそう感が漂ってきている(笑)
玲於の彼女さんへの冷たい接し方も良い!

 

3話

充希の、玲於に会って声を聞くと浅井さんが隣にいるみたいで嬉しいという言葉に対する玲於の顔が(笑)
玲於は年下のはずなのに充希に対してのタメ語が治る気配なし。
充希に惚れてきてんなーっていうところが垣間見えるのがまた良いですね。

古書カフェの師匠も意外と好きなキャラクターです。
「俺の方が仲いいアピール」ちょいちょい挟んでくるとか!なにそれ!!

【在庫あり/即出荷可】【新品】三日月と流れ星 (1-5巻 最新刊) 全巻セット

価格:2,319円
(2018/11/11 23:14時点)

おまけ~巻末収録作品紹介~
『ベイビィ☆LOVE ~10years after~』

作品紹介

こちらは椎名先生過去作『ベイビィ☆LOVE』の10年後を描いた新作読みきりです!
私は『三日月と流れ星』の1巻を買った時にこの読みきりを読んで
『ベイビィ☆LOVE』を買ってしまいました。
大変面白いそして、お気に入りの作品となったので、今後紹介していけたらなと思います!

あらすじ

初恋を実らせて10年付き合いゴールイン間近のせあら。
お相手の終ちゃんは夢を叶えて教師になっていた。
仲良くやっているせあら達だが、終ちゃんの学校の生徒が家に忍び込んできて…!?

感想

『ベイビィ☆LOVE』の方は一切読んだことが無かったんですけど、この読みきりを読んだら即刻読みたくなりますよね。
主人公には、「せあら、強っ」と思わず唸ってしまいました(笑)
こんな人になりたいな…?

終ちゃんの「俺、あいつと出会って10年ずっと幸せだったよ。これから先もずっと幸せって自身ある」っていうセリフ、素敵です!

『ベイビィ☆LOVE~10years after~』は『三日月と流れ星』のコミックスの巻末に毎回番外編が掲載されているので、それもお楽しみください!!

最後に

椎名先生は、絵柄含めストーリー含め大好きな漫画家さんです。充希達の「京太郎普及委員会」のようにたくさんの人に魅力が伝わればなと思います。

1巻が発売されてからもう3年ちょっと経っているという事で、時間の流れの速さには驚きですね。

 

2巻の記事はこちらをどうぞ!

www.shojocomic.com