少女漫画よ、永遠に。

少女漫画の魅力を、微力ながらも伝えていけたらなと思います。

気になるあの人は18歳年上、バツイチ子持ち【三日月と流れ星】3巻紹介

f:id:w-anemone:20181113213222p:plain

目次

作品紹介

作品名:三日月と流れ星3

著者:椎名あゆみ

出版社:集英社・マーガレットコミックス

現在連載中の作品で、5巻まで発売されています!

【在庫あり/即出荷可】【新品】三日月と流れ星 (1-5巻 最新刊) 全巻セット

価格:2,319円
(2018/11/11 23:14時点)

キャラクター

f:id:w-anemone:20181112204648p:plain

 

長谷川 充希
(はせがわ みつき)

 

「店長さんの…浅井さんのこと、
 もっと知りたいって…思っちゃだめですか?」

・大学生

・コーヒーはブラック

・池内京太郎の小説が好き(実在はしませんでした)

・浅井さんの事が好き

 

f:id:w-anemone:20181111200016p:plain

 

浅井 隆聖
(あさい りゅうせい)

 

「天国の奥さんに持ってく自慢話が一個増えたよ。
 俺 女子高生にモテたんだぜーって」

・カフェ店長

・バツイチ子持ち

 

f:id:w-anemone:20181112204821p:plain

 

 浅井 玲於
(あさい れお)

 

 「ぼーっとしてんじゃねえよ。
全くこんな動機の不純な女いれやがって」

・浅井隆聖の息子

・高校生

・口と態度が悪い

3巻あらすじ

9話

「距離を置きたい」
それはつまり、別れようという事なのか…
理由もわからず不安な日々が過ぎていく。

玲於も同じ会社で働くことになって…!?

 

10話

乙女ゲームのシナリオを作ることになった充希。
担当は「年下小悪魔」!
しかしときめき要素が足りないという事でボツの連続。
そこで社長命令でデートスポットを周ることに。
一緒に行くのは玲於?
先日の話もうやむやのまま二人で出かけることに…

 

11話

玲於の行動に戸惑いが隠せない充希。
浅井さんに会っていろいろ聞きたい!
しかし、本心を知るのが怖くて…

 

12話

ようやくわかった“会えない訳”。
玲於の気持ちを知った充希は…?

 

13話

たまっていた不安を最悪な形で玲於にぶつけてしまう充希。

浅井親子と充希の三角関係、ついに決着か!?

巻感想

*多少のネタバレを含みます

9話

充希が盗撮された時の玲於のあの反応、かっこよすぎでしょう!
充希の距離近い感じは玲於にとっちゃ拷問なんですかね。
あと、充希が玲於に覆いかぶさった時の真顔に近い、けどちょっと切ない感じの表情がグッときましたね。

 

自分を通してお父さんを見てるとか…
もし自分の好いてる相手が、自分の親なり兄弟なりを自身を通して見ているとしたらかなり辛いでしょうね。
まあ、それで相手を気づつけるのはあかんと思いますが。

 

10話

水族館デート!!
玲於の「充希ちゃん」呼びに鳥肌が(笑)
そして満面の笑み。やっとまともに笑った顔を見た気がする…

途中で行った遊園地はまさかの夢の国でしょうか。
キャラクターよりというか完全なネズ公でしたけど。

最後の「俺自身が嬉しかったんだ。おまえと2人で過ごせて」の時の表情が完全に恋する男…少年?
とにかく絵が可愛いです!

 

11話

玲於が何気に充希の部屋入ってきてますねー。
充希の、好きなのをわからせる努力をすると言った玲於にたいして放った「…しなくていい」ってところがまあ!

というか、玲於も自分の気持ちに気づくのが遅いですね。
読者は一巻の時点で気づいてるぞー(笑)

浅井家の朝食。
玲於が積極的になり、浅井さん(隆聖)に「充希、俺がもらっていい?」発言。それに対しての浅井さんの「…そうきたか」は、超ドロドロしているはずの作品にどこか和ませる要素を与えていますね。

そしてそして、浅井さんの「玲於、あげないよ」
カッコいい!!
玲於には悪いですけど、二人は早く幸せになってくれ~

 

12話

「ひでぇ」の顔は反則並みに可愛いです。
そして謎の大ちゃん。彼もいまいちつかめない男ですよね。
今後物語に大きく?関わってくるんですけど、それは後程!

 

13話

海岸での充希の絶叫が初めて13話を読んだ時から頭にこびりついてます。
結構な暴言を吐いているんですよね、充希。
もしも自分が当事者だったら言っちゃうんだろうなって思いますけど、このセリフを聞いた時、結構胸にグサッときたと言いますか。
なんだろ、ちょっとショックだったんですよね。
ここまで言っちゃうのは私の読む作品にはあまり無いかな、と。

皆さんそれぞれ一番印象に残っているシーンってバラバラだと思いますが、私は『三日月と流れ星』という作品名を聞いて、真っ先に思い浮かぶのはこの海での充希の絶叫シーンなんです。

やっぱり言葉は刃物だなって思わさせられたセリフと言いますか。
強く印象に残っている13話です。

あ、あと、一か所浅井さんの顔が「ん?」ってところがあります(笑)

【在庫あり/即出荷可】【新品】三日月と流れ星 (1-5巻 最新刊) 全巻セット

価格:2,319円
(2018/11/11 23:14時点)

おまけ~巻末収録作品紹介~
『ベイビィ☆LOVE ~10years after~ おまけ編』

作品紹介

こちらは椎名先生過去作『ベイビィ☆LOVE』の10年後を描いた新作読みきりです!
私は『三日月と流れ星』の1巻を買った時にこの読みきりを読んで
『ベイビィ☆LOVE』を買ってしまいました。
大変面白いそして、お気に入りの作品となったので、今後紹介していけたらなと思います!

あらすじ

 せあら大学卒業後22歳の出来事。(短編)

感想

噂ややっかみに負けず、仕事で成果を出して認めさせてやるっていう根性が素晴らしい!
私は完全にせあらのファンです。

そして終ちゃんVS社長!
社長の当て馬感ハンパじゃないですけど、終ちゃんの威嚇が見れて嬉しいです。

『三日月と流れ星』の二人とは対照的にラブラブな二人でした。御馳走さまです!

最後に

4巻についてはこちらの記事をどうぞ!

www.shojocomic.com