少女漫画よ、永遠に。

少女漫画の魅力を、微力ながらも伝えていけたらなと思います。

悪評高い王子に嫁いだ、世界で一番幸せな姫【ひみつの姫君 うわさの王子】1巻紹介

 f:id:w-anemone:20181116214946p:plain

目次

作品紹介

作品名:ひみつの姫君 うわさの王子1

著者:可歌まと

出版社:白泉社

全2巻!完結済みです。

キャラクター

f:id:w-anemone:20181116215349p:plain

 

アルディーナ・セントフェンセル・ローシェン

 

「せめて自分で一目見て、覚悟を決めたいの」

・ローシェン王国の姫

・「深窓の姫君」と呼ばれる

・箱入り娘

f:id:w-anemone:20181116220151p:plain

 

イジ―

 

「大した問題じゃあない、所詮は噂だ。俺を示す一部でしかない」

・ガルニア王国の王子

・自分勝手で無責任などひどい噂で有名

あらすじ

1話

ひどい噂の王子イジ―の縁談相手に選ばれた深窓の姫アルディーナ。
一目見ようとお忍びで相手国へ潜入、そこで出会った王子は噂とは違っていて…?
(1巻裏表紙引用)

 

2話

紆余曲折を経てお互いの意思で婚約を決めた二人。

婚約後初めての、イジ―からのお出かけのお誘い。
嬉しく思うアルディーナだったが何故か男の子の格好で…
しかも初デートは仕事のついで!?

 

3話

ガルニアの王子との婚約報告の為、祖母の元を訪れたアルディーナ。
しかしイジ―は仕事で来られないことに。
それを聞いた祖母は怒り狂っているが、実は急遽近くに来ていたイジ―がたまたま祖母と遭遇していて…
祖母はまだイジ―の正体に気づいていないが…

 

4話

友人の仕事を手伝うという内容の手紙が送られてくる。
イジ―が城を訪れてくれるのをただ待つ事しかできないアルディーナ。
そこで自分から会いに行くことに。

しかし手紙に書いてあった友人とは綺麗な女の人の事で…

感想

*多少のネタバレを含みます

1話

髪の毛長い時のアルディーナは間違いなく“深窓の姫君”ですね。
短くても可愛いですけど!
街中で見せる笑顔は超かわいいです。ぱああっていう擬態語?のコマの所なんですけど、この表情すごく好きです。
そしてイジ―が髪飾りを買ってあげるシーンもニマニマしちゃいましたね。

仕事人間で自分で確認しないと気が済まない王子・イジ―。王子の鑑のような人ですよ。

アルの「ちゃんと言うことを聞いてたってぼくが要らない子なのは変わりなかったけど」っていうセリフ、悲しいですよね。
昔の日本でも子供、特に女は嫁に出して政治的な道具として使う事が普通だったりしたんでしょうか。詳しくは分かりませんが、今では考えられない事というのは確かですね。
この時代に生まれてほんと良かった。

最後のイジ―が消えたアルの行方を追う所もお気に入りシーンです!是非読んでみて欲しいです。

2話

 男装してても可愛いと言われるアル。ロベルトよ、見る目があるな(笑)

しかし、武術大会なんかに姫が出場する事になるだなんて。
人ってホントに怖いと声が出ないらしいですからね。

…個人的にはそういう体験は無いですけど。
皆さんは声が出ないほど怖い体験をした事ありますか?
私はお化け屋敷とかジェットコースターとかこれでもかってくらい叫びますけど(笑)

イジ―普通に強いし、ロベルトにアルとの抱擁邪魔されてイラっとしてる所とか最高かよってくらい良かったです。
「その恰好が虫除けにもならないことはよくわかった」ってもう!
やっぱり最後の落ちまで完璧なんですよ、可歌先生は!ほんと大好きです!!

 

3話

 こんなおばあさんとはできる限り会いたくないなって思ったんですけど、実はかわいい所もあって。
何か、一つでも良いところ見つけちゃうと好きになっちゃうんですよね。物語のキャラクター限定ですけど(笑)

イジ―のイトコ兼幼馴染のヴィートもいい奴なんですよ。あまり出番はないですけど…
結構優秀そうなんですよね。イジ―との絡みも割かし好きですよ。昔からの知り合いって感じがにじみ出てます!

 

4話

カテルジナ譲登場!二人目の女性キャラですよ!(おばあさまはカウントしません)
女性騎士ってかっこいいですよね。
現代日本に騎士という職業があったら是非なりたいですね。勇者とかまではいかなくても騎士って憧れます。
昔は断然長剣派だったのですが、『マギ』のアリババというキャラの短剣を見てから短剣派に移籍してしまいました。槍とか大刀とかもかっこいいんですよ!?
でもやっぱり短剣ですかね~。

アルとイジ―の喧嘩!か~ら~の誘拐!
イジ―は絶対アルに頭が上がらないでしょう今後も(笑)
こういうカップルの組み合わせも良いです、最高です。
アルが誘拐されてからのシーンは特にオススメです!

おまけ

1巻巻末には読みきり作品一つと、アルとイジ―のおまけ漫画がございます。
こちらもオススメですよ。

キーワード

#西洋

最後に

 『ひみつの姫君 うわさの王子』の次の作品としまして『狼陛下の花嫁』という作品がります。今作とは大分変っているところもありますが、同じ作者様なので恐らく気に入っていただけるのではないかと思います。

詳しくはこちらをどうぞ

www.shojocomic.com

 次は『ひみつの姫君 うわさの王子』2巻の紹介をしたいと思います。次でラストです。お楽しみに^ ^