少女漫画よ、永遠に。

少女漫画の魅力を、微力ながらも伝えていけたらなと思います。

龍ヲタ王女と照れ屋で異端の赤い龍【ストレンジドラゴン】2巻紹介

f:id:w-anemone:20181119203909p:plain

【在庫あり/即出荷可】【新品】ストレンジ ドラゴン (1-3巻 全巻) 全巻セット

価格:1,389円
(2018/11/18 22:09時点)

目次

作品紹介

作品名:ストレンジドラゴン2

著者:石原ケイコ

出版社:白泉社・LaLa

全3巻発売中。完結済みです!

キャラクター

f:id:w-anemone:20181118183911p:plain

 

 火花

 

「私、あなたを大切にするわ。生涯そばで、あなたを愛するわ。だから、 どうか私と生きてくださーーーーーい!!!」

・サイルーン王女

・天然

・龍ヲタ

f:id:w-anemone:20181118184245p:plain

 

 イサラ

 

「残り物の龍がまともだとでも思うのか? どんな生き物も群れにあぶれる個体は異常だ。残っていたとしてそいつはよほど無様なできそこない。残ったんじゃない。群れに置いて行かれたのさ」

・取り残された異端の龍

・素っ気ないが照れ屋

・111歳!?

あらすじ

4話

サイルーンの女王と守護龍になった火花とイサラ。
そんなイサラはというと、護衛となった途端に出会った頃のような素っ気なさに戻っていた。

地方に飛ばされていた、元内務官の涼厘(すずり)が火花の命により戻ってきた。
昔から、火花にとっては信頼のおける人物であったが、どうやらイサラは彼を気に入らないようで?

 

5話

前王・志銅の暴政で破綻した友好関係を回復させる為、火花とイサラは鉱山の民・ハルハ族の住む地へと向かう。
道中の案内役としてハルハ族次期族長・テッカと妹のマーヤが同行。

無事目的地に着いたは良いものの、サイルーンという名前を聞いた途端に民たちが拒絶し始めた!
思ったよりも根深い彼らの恨みに火花はどう対応するのか?

 

6話

鉱山の落盤に巻き込まれてしまった火花とテッカ。
イサラは一人、火花の救出に向かう。

一方鉱山内に取り残された火花はテッカから刃物を向けられて…?

 

7話

ハルハ族との関係改善の為、「もめ事は剣でカタつけろってな」というテッカの主張で真剣勝負をする事になったイサラ。

火花はハルハ族の長老の言う、今のままでは龍(イサラ)を不幸にするという意味を考えるが…

 

8話

いよいよ試合開始!

試合前、テッカもイサラ同様に毒を飲んで?
お互い同条件となった戦いの行方やいかに。

影で何やら試合を滅茶苦茶にしようと考える者が…

感想

4話

涼厘がイサラを見た時の「……雄ですか」って所がまさかの嫉妬?って思いましたけど、恋愛感情的ではありませんでしたね。

見た目かっこいいし、こういう忠誠心高めだけど何考えてるかわかんないキャラ好きだったのに…
でも、彼は純粋な忠誠心だけであって欲しいとも思う。キャラ的に?

主に忠実な臣下って素敵です。恋に一途な人も!
そういう意味ではイサラも涼厘も似たようなものだと思うのですが。

 

火花:「はい、だからもっと大きく育って下さいね。ずっと、私のそばで」

→絵が綺麗、そして少し目を細めながらの満面の笑顔はかわいい!
 イサラもイチコロですわい!…彼の場合、既に落ちてますが(笑)

 

5話

車酔いで吐きそうな状態を「ケロケロ」と火花が言っているのですが、ケロケロ…
カエルかな? あまりケロケロという表現を聞かないので新鮮ですね。
「ケロケロ」が、この作品内で結構印象に残ってます(笑)
ここのシーンの火花も可愛い。年相応の少女です^ ^

 

石を投げつけられるシーンがあるのですが、当たったら痛いですよね、

すっごい小さーな奴でも結構痛いと思いますが、皆さんなら石投げつけられたらどうします?

私だったら投げられた分だけ投げ返しますね^ ^
やられっぱなしは性に合わないというか、「やられたらやり返す」「目には目を、歯には歯を」ですね。常識の範囲内で、ですけども。

 

6話

テッカが火花を気に入って手を出そうとしてくるのを見て、「やめて!火花はイサラのものなんだから!」と思ってしまう親心、読者心。

ありませんか?そういう感じ。
どうしてもお気に入りのカップル、主に主人公とその相手を応援しがちになってしまう!
まあ、主人公目線で物語読んでるんでほとんどの人そうなると思いますが。

やっぱり主人公に一番幸せになって欲しい!
バッドエンドとかでいい作品もありますが、物語の中でくらい幸せな話が読みたい!
……私の周りは、バッドエンド押しが多いです。

「少女漫画ってバッドエンドとかないじゃん。ハッピーエンドじゃなくてバッドエンドの方が好きなんだよねー。だから読まない(笑)
ってよく言われちゃうんですよね。
友よ、少女漫画を読んでくれ。いい作品ばっかだから、ほんと。

 

7話

 ハルハ族の人達は、額にひし形が三つの模様・マーク?の入れ墨みたいのがあるのですが(三菱ではないですよ)、民族の証みたいでカッコいいですよね。
ハルハ族の民族の証はさりげなくて、かつデザインがカッコよくておすすめです!

ですが、ハルハ族の一員になりたいかと言われると微妙ですね。
彼らあまり出番も無くて得たいが知れないし、テッカの部族だからなー…
テッカは嫌いではないんですけど、部族ならハク将軍のいる風の部族に入りたいかな。
(『暁のヨナ』に出てきます)

 

イサラ:「もう、俺が火花を離さない」

龍の瞳になってかーらーの、火花を押し倒し!
独占欲の強い龍の本性発揮か!?

イサラはかっこいい。見た目、癖のない髪型も好みだし、111歳なのに超初心かと思いきや、以外と雄の部分もあるという愛しいキャラです。
多分火花より好きかなー。

 

8話

戦闘シーンは見ものです!
爆発の衝撃から、さも当然のように火花を守るイサラ。流石は守護龍といったところでしょうか。

大事だからこそ、龍に、自分を守らせる必要がある。
心配だから、大事だからと遠ざけるのは信じていないのと同義。

火花の中で出た答え。(ちょっとニュアンスが違うかもしれません)

人を本当の意味で信じる事って中々難しい事だと思います。
ここでの信じる信じないは、相手に裏切られる事が問題というより、むしろ自分が相手を信じていない事が問題な訳ですよね?
火花が導きだした答えに私は読んでる最中全く気付くことができませんでした。残念です。

キーワード

#中華風 #龍 #甘々

最後に

『ストレンジドラゴン』は甘い!とにかく甘いです。
私は甘々のとかハッピーエンド大好きなので大変嬉しいのです。
火花とイサラはもはや運命の出会いと言っていいレベルですからね。
イサラの独占欲丸出しだけど見ていて不快ではない、むしろもっと見たい感じはたまらんですよ!!

3巻の記事はこちらをどうぞ!

www.shojocomic.com

 

 

このブログの一番初めに取り上げた『狼陛下の花嫁』も甘々で、今作と同様に中華風の作品となっています。興味がおありの方は是非そちらもどうぞ!
www.shojocomic.com