少女漫画よ、永遠に。

少女漫画の魅力を、微力ながらも伝えていけたらなと思います。

あの時別れなかったら? もう二度と手放したくない人【モトカレ←リトライ】#1

 f:id:w-anemone:20181121210513p:plain

目次

作品紹介

作品名:モトカレ←リトライ1

著者:華谷艶

出版社:小学館・Cheese!

全7巻、完結済みです!

キャラクター

f:id:w-anemone:20181121210736p:plain

 

 羽木 蜜
(はねき みつ)

 

「…そんなにわたしが嫌いならほっといて! これ以上わたしの心に入ってこないで!」

・楓の元カノ

・楓と以外付き合った事がない

・ミルクティーが好き

f:id:w-anemone:20181121210747p:plain



平子 楓
(ひらこ かえで)

 

「あきるどこらか、もー一生こいつしかいないみたいな? 今日もあらためてそう思ったし、好きすぎてヤバいくらいなんですよね」

・蜜のモトカレ

・元野球少年

・嫉妬深い

 

あらすじ

1話

中学時代の初カレ&失恋を引きずったまま、大学生になった
今年こそ新しい恋ーーと思ったのに、隣に住んでいたのはまさかのモトカレ・
5年たってすっかりモテ男になってるけど、あの優しい笑顔は変わらない。

…ヤバい。また、好きになっちゃうじゃん…

(1巻あらすじ引用)

2話

5年の時を経て誤解も解け、楓の元カノからまた彼女になった蜜。
楓との仲は良好だが、人形のように綺麗で可愛らしい少女・仁菜がやたら蜜に突っかかってくる。
彼女、楓の2番目の元カノかつ初体験の相手で…

 

3話

中学生の頃、窓から見えた遊園地。付き合っていた頃は都合が合わず行けずじまいだったが、5年たった今、二人は旅行に訪れた。

そして旅行最大の目的とは!?

感想

*多少のネタバレを含みます

1話

お互い好きだったけど、勘違いからすれ違ってしまって、でもまだ好き…みたいな…
良い、良いです!
話の内容が好みです!!

楓の優しすぎる笑顔が可愛い。

蜜にほだされそうになってからの、我を思い出した顔が何とまあ、間抜けな(笑)
徐々に化けの皮が剥がれてきてますが、誤解が解ける前と後の態度の変わりようが凄いです。
復讐しようなんて考えるひどい奴だったのは、愛情の裏返しからでしょうかね。

誤解もののお話は、誤解が解けた時が一番「ワーー!!」ってなると思うのですが、今作でいう、1話の徐々に噛み合わない会話からのお互いの誤解が発覚するシーンはオススメです!

 

2話

 よく、女は最初、男は最後になりたがる。みたいなのを聞きますが(逆かな?)、皆さんは自分はこっちかなみたいなのありますか?
私はですね、最初で最後が良いです!……皆さんそうですよね。
えー、じゃあ最後? やっぱり最初と最後が良いなあ。
欲張りって言われそうですね(笑)

楓と仁菜の関係は不思議ですねー。元カレと元カノで仲良く一緒にいるという…
気まずくなる事はないけどお互い恋愛感情じゃない?

あ、男女の友情って成立すると思いますか?
突然どうしたと思われるかもしれませんが、ちょっと気になったもので。
ただの友達というより異性の親友についてです。
そこまで親しくなったら、どちらかが恋しちゃうとかありそうですけど、どうなんでしょう。
異性の親友はいないので、もしいるという人がいたらお話を伺いたいです!(笑)

 

3話

爽やか笑顔を被った肉食獣、それが楓です。
蜜が食べられちゃう!?

よりが戻ってから早速嫉妬・独占欲発動!
和葉はいい奴、だけど今後いろんな事で絡んできます…が、それはお楽しみという事で。

 

 

離れていた5年の間に趣味嗜好が変わっている二人。
人の気持ちの脆さに不安になってしまう蜜。


そりゃ生きてればいろんなモノに出会うわけで、趣味嗜好が変わってもおかしくはないですけど、今まで大好きだったモノが大好きでなくなったりするのってちょっと怖くありませんか?
私は元々飽き性なので、変わらず同じ熱量で好きなものってほとんどないです。でもだからこそ、変わらずにずーーーーっと好きなものは本当に好きなんだなって思えますね。自分で再確認するというか、「へー、自分ってそんなにコレが好きなんだな」みたいな感じ?

蜜の悩んでいる「人の気持ちの移り変わり」は、多くの人が考え悩む事なのではないかといます。
今はお互い大事な友達だったり恋人だったりしてもそれがいつまで続くかわからない恐怖みたいなものはいつまでも消えてくれないです。
人の気持ちが移り変わっていく中、変わらずにずっと大切に思える人がいるって幸せな事なのだと改めて実感させられました。

キーワード

 #学生 #元カレ・元カノ #すれ違い #溺愛

最後に

2巻についてはこちらをどうぞ!

www.shojocomic.com