少女漫画よ、永遠に。

少女漫画の魅力を、微力ながらも伝えていけたらなと思います。

再会を夢見た前世の妻は 現世では男だった。   【NGライフ】8巻

f:id:w-anemone:20200405232536p:plain

出典:NGライフ:8巻

#学園 #前世 #転生 #ラブコメ 

#ヘタレ #親友

本の概要

■作品名:『NGライフ』8(全9巻)

■著者名:草凪 みずほ

■出版社:株式会社 白泉社

■ISBNコード:9784592185888

        →(書店で探す時にオススメ)

■シリーズ名:花とゆめコミックス

■定価:本体 400円+税

■発売日:2009.3.19

■発行:2009.3.25

全体のあらすじ

f:id:w-anemone:20200329211525p:plain

キャラクター

f:id:w-anemone:20200330121333p:plain

出典:NGライフ:1巻

f:id:w-anemone:20200330121357p:plain

出典:NGライフ:1巻

f:id:w-anemone:20200330121422p:plain

出典:NGライフ:1巻

f:id:w-anemone:20200330121440p:plain

出典:NGライフ:1巻

感想

 注意!(以下、ネタバレあり)

41話

気まずい2人

f:id:w-anemone:20200405232608p:plain

出典:NGライフ:8巻

芹沢と清ちゃん(芹沢の幼馴染)の
キスシーンを見てからの敬大が別人!!
なんというかクール!
嵐の前の静けさというかなんというか……
この状態が常だったら、
今よりもっとモテそう(笑)
でも、やっぱり明るくて面白い
敬大の方が良いけど。

42話

演劇部入部

f:id:w-anemone:20200405232644p:plain

出典:NGライフ:8巻

裕真の提案で演劇部に入ることになる敬大。

裕真:「つーわけで
    冴木敬大演劇部に入りますー」
敬大:「うおい!」
演劇部員:「えっ…あんた達は
      既にウチの子だと思ってたよ」

モブの演劇部員のセリフがウケる(笑)
裕真も全然入ってるし(笑)

確かに演劇部より出演してるわ
この子たち……

泣き出しそうな裕真に、
「泣かないでよね シンクロしちゃうから」
と声をかける麗奈がすごくお姉さんっぽい。
裕真と麗奈のツインズは結構いい感じ。
恋愛には発展しないだろうけど。
っていうかするな!!(笑)
本当の双子みたいで癒し。

裕真に関しては、
最後まで男らしい男の子でした。
かっこいいね!

43話

動き出した時間

f:id:w-anemone:20200405232728p:plain

出典:NGライフ:8巻

演劇部の合宿で麗奈の別荘に来た一行。

浜辺で2人きり、
敬大:「………芹沢…
    友達やめようか」

出会った頃と変わって、今度は芹沢が敬大に
「逆の立場になっちゃった……」
「どうしたら友達になってくれる…?」
”友達をやめる”って芹沢からしたら
どんなに抉られる言葉か……

そして敬大が芹沢にキス。
気持ち溢れてキスしちゃったー///

クール敬大の威力が半端ない!!

44話

不安定な記憶

f:id:w-anemone:20200405232759p:plain

出典:NGライフ:8巻

敬大が告白!!
もちろん芹沢に。

ようやく自分の心に正直になった敬大。
なぜかヘタレさまでもなくなっている!
2人の甘酸っぱい感じがたまらん//
だけど衝撃の一言が、
敬大:「ロレイウス…って誰…?
この発言から数秒後の敬大の表情。
もう見てて辛すぎる……
敬大:「消えていく…」前世の記憶が
って……
やめてくれー…………

45話

消えゆく記憶?

f:id:w-anemone:20200405232829p:plain

出典:NGライフ:8巻

敬大の前世の記憶が不安定になっている
ことが明かされる。
なぜ前世の記憶が無くなるのかも。

敬大:「俺の大切な記憶は
    芹沢への想いと引き換えに
    消え去る」
何度も言うけど辛すぎる。

凌に対して、
敬大:「俺をもっと憎んで下さい

    俺がセレナを守れなかった事
    あなたが決して許さないと
    言うのなら

    俺は二度と忘れはしない!!!」
敬大の必死な表情も凌の表情も、
全てがグサッとくる回……

46話

ポンペイ最後の日

f:id:w-anemone:20200405232856p:plain

出典:NGライフ:8巻

前巻に続きまるまる前世のお話!
ポンペイ最後の日、
何が起こったのか今明かされる!!

ただ、前回と違うのは、
今話は”壮絶なポンペイ最後の日の序章”
という感じで、とても雰囲気重たい。
もちろん、ところどころに
笑えて和める場面もあるが…

いよいよ次、最終巻!!

最後に

敬大みたいな人が友達だったら毎日が
楽しいこと間違いなしでしょう!
こんなに感情表現豊かな人ってなかなか
お目にかかれないですよね。

前世と現世をどういう風に捉えるかとか、
恋愛における性別の生涯とか、
いろいろ考えさせられる作品でした。
この記事を書くにあたって読み直した際、
以前とはまた違った感想を持ったりと、
何度読んでも面白く、そしてよりいっそう
大好きな作品になっています。

ちなみに、
シリクスとロレイウスの友情の話や、
敬大の百面相が大のお気に入りです!!

是非実際に読んで、彼らの行く末を
見届けてあげてください^^