少女漫画よ、永遠に。

少女漫画の魅力を、微力ながらも伝えていけたらなと思います。

少女の願いは帝の隣に【帝の至宝】3巻

f:id:w-anemone:20200417141710p:plain

出典:帝の至宝:3巻

#中華風 #身分差 #年の差?

本の概要

■作品名:『帝の至宝』3(全7巻)

■著者名:仲野 えみこ

■出版社:株式会社 白泉社

■ISBNコード:9784592191230

■シリーズ名:花とゆめコミックス

■定価:本体: 429円+税

■発売日:2011.5.2

■発行:2011.5.10

全体のあらすじ

f:id:w-anemone:20200415171206p:plain

キャラクター

f:id:w-anemone:20200415171223p:plain

出典:帝の至宝:1巻

f:id:w-anemone:20200415171248p:plain

出典:帝の至宝:1巻

感想

注意!(以下、ネタバレあり)

10話

天女の舞

あらすじ~
じっちゃんに頼まれて村の祭りの
天女の舞をすることになった香蘭。
暫くの間志季と離れるのが嫌だったが、
志季との約束で元気を出す。
一方、志季は2週間も会えなくなるとは
知らなくて…?

f:id:w-anemone:20200417153457p:plain

出典:帝の至宝:3巻

香蘭と会えなくなるとは思っていなかった
志季の慌てぶりが面白い。
志季:「…え?…なんで? どれくらい?
    次はいつ来れるの?」

超クエスチョンマークがついてる(笑)
香蘭の二週間も離れてたら
忘れられちゃうんじゃないかっていう
乙女心、可愛い。

吏元が香蘭にガチ恋中!
恋になっちゃったか―。
報われる未来が見えない……
志季が相手じゃ勝ち目無いって
舞の指導役の女の子に言われちゃってるが、
吏元もかっこいいのに!
まー、志季には……うん。…ねえ?(笑)
香蘭の天女の衣装可愛い!
そしてこ紅はいつも香蘭を素直に
褒めてくれるかわいい子。
姉のこ白はツンデレでかわいい。
しかし、香蘭を凌駕する吏元の可愛さ
女装もしてたって…苦労してそうだ。
プロポーズしたのに、
香蘭を志季にかっさわれていく哀れな男。

11話

志季、男色疑惑

あらすじ~
志季、男色疑惑浮上!?
その真意を確かめる
香蘭と志季の側近・円夏だが……

f:id:w-anemone:20200417153540p:plain

出典:帝の至宝:3巻

志季がまさかのホモ説……
ホモが問題というより、それを知って
慌てる円夏様と香蘭が面白かった(笑)

勘違いものって面白い!
アンジャッシュさんの勘違いネタとか
大好きなので。

お互い勘違いしてるんだけど何故か
話が通じてるのって面白いしすごい。

よくあんな素晴らしいネタが思いつくなと……(尊敬です)
勘違いネタと言えば、
椿 いずみ先生の作品『月刊少女野崎くん』
もオススメです!
登場キャラクターがたくさんいる中、
それぞれで誤解しまくってて
ほんと超面白くて最高の作品。
アニメもやっていたので興味のある方は
是非ご覧あれ!

12話

香蘭様の下僕

あらすじ~
志季たちの密偵に付き合う事になった香蘭。
しかし貴族の子どものフリをしなくては
いけなくて・・・!?

f:id:w-anemone:20200417153618p:plain

出典:帝の至宝:3巻

密偵しに行って早速疑われる香蘭一行

市尉(密偵先の女、市長のようなもの):
「ところで…香蘭ちゃんって言ったかしら…
 まさかとは思うけど、あなた…
 帝の密偵なんかじゃないわよね…」

香蘭:「…………お…おかあさまがつけた
    ごえいだから、あたくし
    よくわかりませんですのっ」

てへっと首と体を曲げた、
いかにもぶりっ子ポーズ……
香蘭(子供)だから許せる可愛さ。
逆に相手の女はめちゃ怖い(笑)

 

香蘭が間違ってお酒を飲んでしまうシーンの、

香蘭:「これ、おらけかぁ~、
    なるほどなるほど!!
    …お!? 
    さてはこのお椀はいいお椀らな?」

志季・円夏・雨帖:(酒ぐせ悪っ…)

ってのが、この話で一番お気に入りシーン!
個人的には酒癖悪い人は大っ嫌いだが、
香蘭のこの酔い方は可愛いと思える。
……香蘭だから許せる。
酒癖悪い人ってほんと………………

酔っぱらって市尉に言いたい事言った後、
志季に抱き着く香蘭かわゆい。
志季もすごく嬉しそうですし。
早くくっつけよ!!

13話

過去と簪

あらすじ~
いつも元気で逞しい香蘭の、
少し悲しい過去のお話。

f:id:w-anemone:20200417154131p:plain

出典:帝の至宝:3巻

今回はすごく良い回!!
香蘭が幼い頃、近所のおばさんとじっちゃん
と香蘭の間に起きた事件。
じっちゃんが志季に言った
「あの子はあの日以来、みなし子の自分が
 他の誰かよりも優先されるべきではないと
 心のどこかで思っているのでしょう」
という言葉。
ここは是非漫画で読んでいただきたく。
事件後の三人の関係も最後に分かるが、
ほっこりすること間違いなし!
『帝の至宝』の中でトップ3に入る
お気に入りのお話。
親子系の話に弱いので、
ちょっと泣きそう……

おまけ

読切『交渉屋アーリン』

f:id:w-anemone:20200417154108p:plain

出典:帝の至宝:3巻

巻末に『交渉屋アーリン』が掲載。
こちらの作品には、1巻収録の
『魔女にうさぎの人形を』主人公と
そのお相手が少し登場。

『魔女にうさぎの人形を』が大好きな
私にとってはとても嬉しい事で、
時系列的に言いますと、
『交渉屋アーリン』が後です。
こちらのお話も面白いので前作と合わせて
読んでいただけたらなと思います^ ^

最後に

仲野先生の読みきりはどれも大変素敵です!
この『帝の至宝』シリーズの中でも何作か
読みきりが掲載されているのでぜひぜひ
チェックしていただきたい!
それだけの為に今作を買うでも全然ありだと
思っています。
勿論今作を読んだらハマっていただけると
思いますがね。

どの作品にも言えることですが、
読むなら最後まで読んでいただきたいです^^
一話一話読み進めていく事で、
本当の意味でその作品を読んだ事になる
と私は思うので。