少女漫画よ、永遠に。

少女漫画の魅力を、微力ながらも伝えていけたらなと思います。

少女の願いは帝の隣に【帝の至宝】7巻(完)

f:id:w-anemone:20200421171931p:plain

出典:帝の至宝:7巻

帝の至宝 1/仲野/みこ【1000円以上送料無料】

価格:463円
(2018/11/29 00:08時点)

#中華風 #身分差 #年の差

本の概要

■作品名:『帝の至宝』7(全7巻)

■著者名:仲野 えみこ

■出版社:株式会社 白泉社

■ISBNコード:9784592210177

■シリーズ名:花とゆめコミックス

■定価:本体: 429円+税

■発売日:2014.10.3

■発行:2014.10.10

全体のあらすじ

f:id:w-anemone:20200415171206p:plain

キャラクター

f:id:w-anemone:20200415171223p:plain

出典:帝の至宝:1巻

f:id:w-anemone:20200415171248p:plain

出典:帝の至宝:1巻

感想

注意!(以下、ネタバレあり)

28話

春玉、帰国

あらすじ~
もうすぐ春玉が国へ帰る。
送り出す際に、みんなで手作りのものを
渡すことになるが…?

f:id:w-anemone:20200421182400p:plain

出典:帝の至宝:7巻

香蘭や円夏様、双子たち
みんなで縫ったボロ布。
誰がどこを縫ったかとか当ててくのって
意外と盛り上がりそう!
ボロ布渡された時の何ともいらなそうな
微妙な顔から一転して天使のほほ笑み!!
後にも先にもこれ以上に
極上の笑みはないだろう。
こりゃ、女性はイチコロになる。
そして、調子に乗った双子への一言。

夸紅:「そ…その布、
    何に使ってもいいんですって!!」

夸白:「着物なんかに仕立てる方も
    いるそうですわ」

春玉「仕立てない。絶対にだ」

春玉様って良いキャラしてる~。

そしてやっと来た、志季の告白ターイム!
皆の前で、というところが流石と言うか、
「君には羞恥心とかないのか!」
って言いたくなる。
咲いてる花を手折るところの
さりげなさと言ったら!

志季の告白シーンと言えばもう一つ。
こ白の大泣きも見どころ。
夸白:「~~あの子が幸せになれなかったら
    どうしようかと思った」
良い子や。泣く夸白を叔豹が宥め?、
喚く吏元を夸紅が宥める…
男女が逆転してるペアたち。
吏元は最後まで可哀想な奴だった(笑)

春玉様が国に帰るとなっても
全然寂しそうじゃない志季。春玉様可哀想…
何か、可愛そうな男たちが多いような?
……気のせい気のせい。

29話

母親と予言

あらすじ~
志季の婚約者になった香蘭。
けれど何かが変わるわけでもなく
平穏な日々が過ぎていった。
しかし、裏では何やら不穏な空気が…

村に珍しくお客様が。
どうやら誰かを探しているようで…?

f:id:w-anemone:20200421182556p:plain

出典:帝の至宝:7巻

どんどん甘くなる二人。
読者としては最高に嬉しい!
陛下が香蘭を抱き上げるシーンとか、
長い袖から手を出さずに抱きかかえてる
ところがツボ。
いい! すっごくいい!

 

香蘭のお母さんが出てくるとは…
そして「…すてきなお孫さんですね」
と言われて
「じゃろう!!?」と言っちゃう
孫バカのじっちゃん……可愛すぎ!!

30話

決意

あらすじ~
春玉のいる録の国が香蘭達の国・晶に
攻めてきた。
香蘭を迎えに来た志季に香蘭は
「お妃様になんてなれない」と言う。
志季を不幸になどしたくないのに
何が正しいのか分からなくて…

f:id:w-anemone:20200421182630p:plain

出典:帝の至宝:7巻

春玉様を真っ先に討つと言った志季
志季が春玉様を大好きって訳じゃないのは
十分分かっているが、それでも悲しい。

占いが当たるのが怖くてと言う香蘭に、

吏元&叔豹:「占いってお前、いい事だけ
信じときゃいいんだって。ふり回されすぎなんだよ」

仮にも占い師の吏元が言ってしまうという…
まあ、二人に賛同で。

31話

休戦と人質

あらすじ~
占いよりも志季を信じる。
香蘭の決意も固まり、
残すは晶と録の戦争のみ。
…香蘭の一言に志季は解決策を見つけた!?

f:id:w-anemone:20200421182704p:plain

出典:帝の至宝:7巻

戦争が始まろうかって時に敵の陣地に
乗り込むとか、香蘭恐るべし。
春玉様もそりゃ驚くことだろう。

 

円夏:「…香蘭殿、どうか香蘭殿の口から
    人質を願い出てはもらえまいか。
    陛下が即位して軍事部門は大幅に
    縮小されました。
    ここで大量の兵を失えば、他国
    からも狙われることになります。
    それでも、陛下は香蘭殿を手放す
    ことができません。
    …どうか、何卒…」

香蘭:人質になったら
    いつくらいに帰ってこれるの…?」
という質問に返答しない円夏様に
「…だめかぁ」と涙を溜めて言うシーンは
グッとくる。

 

人質として行く事に対して、
「だって、なんかこんなのって、
志季のお妃さまみたいでしょ?」
と言う香蘭。
こんな事言われたらますます
手放したくなくなっちゃうだろ!!
って思う。 

32話

小さな帝

あらすじ~
休戦協定の条件として相手が出したのは
人質の交換。
晶からの人質は香蘭に。
戦争が行われない代わりに、
もう二度と志季たちとは会えなくなる…?

f:id:w-anemone:20200421182733p:plain

出典:帝の至宝:7巻

あーーーーーー。
とうとう最終話になってしまった。
隣国・録に人質として旅立つ日の夜、

香蘭「へへ、あたしのこと忘れて他に
  お妃さまとっちゃったら怒るからね!」

志季「うん!」

香蘭「嘘だよ」

志季「……香蘭は、この国に、
   もう帰ってこれないと思ってるの?」
・・・・・・・・・・
ここのシーンすっごく好き!(続きも含めて)
香蘭の「嘘だよ」って
笑顔で言う所とか!!とにかく最高。
でももっと最高なのは、
二人が再会してから。

二年半後。

華茗は相変わらずに可愛い!
そして春玉様イメチェン!?
個人的にはそっちの髪型が好みっす!
…………香蘭、超美人
髪の毛が伸びてるし、背も少し伸びてる!!
そして笑顔がキュート!!!
髪の毛を結んでないのがまた良い。
香蘭は髪の毛束ねてる事が多かったから、
見慣れない分余計に良く思える。

最後の二人のやり取りも甘い!!
って感じだったし、大満足な最終話^ ^
やっぱり、ここは特にご自身の目で
確かめていただきたいところ。

最後に

いやー、終わってしまいました、
『帝の至宝』シリーズ。

 

・・・実は、

      

 

 

アンコール読切があります!!

 

 

パチパチパチパチパチパチ!!!!

 

さらに甘々な、
二人のその後が見れちゃいます!
『帝の至宝』ファンなら
絶対に読むべき最高の一作です。
しかし、残念な事に今のところどの
コミックスにも収録されていません。

いずれ収録されると信じていますが……

『帝の至宝』は人気作ですので、
アンコール読みきりが今後コミックスに
掲載される確率は高いと思いますが、
すぐに読みたい・待ちきれない方は
国立国会図書館にGO!GO!GO!です(笑)

寄れる機会がありましたら
是非行ってみてください。
有名漫画家さんのコミックスには
収録されていない超レアな作品も
読めてしまいますよ!